健康な体作りは1日に必要なカロリーを知り摂取する

不動産売却のお手伝い その18

不動産売却のお手伝い その18

不動産売却をする叔母から相談を受け、そこから発生する税金の計算方法について教えていましたが、売買契約書が見つからないということで、具体的に計算できなくなってしまいました。保管してある金庫の場所が分かる叔父が帰宅するまで我慢です。どうしたものかという雰囲気が流れる中で叔母が一言、「もし売買契約書がなかったらどうなるの?」。保管してあるとは思っているのだと思いますが、手元に用意できていないため心配になってきたようでした。詳しく知りたい方はマンション 売却ここが良いと聞きました。

 

不動産を売却すると言っても、それが自宅であるという場合、2,3年したら売却してしまうということはまずあり得ません。かなり長い期間保有していることになるでしょう。そのため、その長い間に売買契約書を無くしてしまうということも十分考えられます。国もそのことは分かっています。なので、売買契約書がないと、全く購入費用を計上できないということはありません。代わりのものが用意されています。それは「概算取得費」です。


ホーム RSS購読 サイトマップ